デトランスα 効果

デトランスαの口コミでのレビューを紹介!

 

○30代男性のレビュー

 

普通に売ってる製品では腋臭がどうにもならなかったので、薬用のものを使おうか検討していました。その頃にデトランスαの広告を見たんです。

 

いいレビューばかりだし、かなり汗を抑えられる…とのことで購入しました。

 

はっきりいって期待以上です!塗るだけなのに全然汗は出ないし、1週間続けて使っても肌荒れなどもないです。

 

もうこれしか使えませんね。

 

○20代女性のレビュー

 

サロンで脇の脱毛をしてもらったんですが、それからというもの脇汗がすごくてすごくて、制汗剤では間に合わないくらいでした。

 

解決策もなく悩んでいたところ、友達が良さそうな製品を調べてくれて、デトランスαにたどり着いたんです。

 

使い始めて最初のころは、ちょっとだけ痒みがありました。ですが使用量を減らしてみたところ痒みは引き、効果も長くなったように感じます。

 

塗り直したりしなくても1日もつので、他の製品で効果がなかった人にも、使ってみて欲しいです。

 

○30代男性のレビュー

 

確かに脇汗はかなり抑えられるし、臭いもしなくなります。

 

最初はいいと思いましたが、1〜2週間使用したところ、脇が妙に熱くなってきたんです。確認すると肌荒れ…というか肌が真っ赤でボロボロでした。

 

医者に経緯を話したら、この製品は危険だから使用はやめなさいといわれてしまいました。

 

何でも日本の製品より成分?が濃厚で、日本人には向かないのだとか。

 

もちろん大丈夫な人もいるんでしょうけど…自分は普通に腋臭の対策ジェルにしておけばよかったなと思います。

 

○30代女性のレビュー

 

恥ずかしながら腋臭が酷くて注文しました。

 

効果は強いと思います。デオドラント製品の中でもトップだとは思いますが、何か所かに塗ると【消毒液】のような臭いが漂ってきます。

 

保健室や病院の臭いを濃くしたような…そんな臭いが常にするので、他のことに集中できなくなってしまいました。

 

デオドラント製品としては優秀なはずですが、私は臭いを受け入れられませんでした。

 

 

口コミから見るデトランスαの良い点・悪い点

デトランスαは効果的な製品です。良い点はたくさんありますが、悪い点もない訳ではありません。

 

デトランスαの良い点
  • 汗や汗の臭いを抑える効果が強い
  • 持続性がある(塗り直さなくても1日もつ)
  • 腋臭対策になる

 

デトランスαは、好意的でないレビューもありながら、それらを含めても「制汗効果がない」という意見は0に近いのです。

 

日本人は体臭が薄いといわれていますが、デトランスαは海外(デンマーク)製で臭いを抑える能力が強いです。腋臭の人も愛用しており、その効果の高さが窺えます。

 

塗布すれば、ほぼ100%汗を抑えられるので、腋臭の原因である【アポクリン腺】からの汗も出ず、根本から臭いを断てるのです。

 

腋臭を抱える人たちが愛用するのは、他の製品にはない、強い制汗・消臭効果が認められているからでしょう。

 

臭いの原因が汗であるなら汗を断てばいい。これは腋臭に対処するにあたって、単純なようで一番効果的な方法といえます。

 

デトランスαの悪い点
  • 痒みや肌荒れの報告が多い
  • 使い方が面倒臭い
  • 臭いがきつい
  • 返金システムがない
  • 海外発送

 

製造は全て海外で行われており、日本では代理店が輸入代行を担っているのみ。ですのでメーカー保証などが一切ないのです。

 

制汗・消臭の効能は言わずもがなですが、同時に、肌の痒み・ただれといったトラブルも多く報告されています。

 

日本製の制汗剤や腋臭クリームなら、ほとんどの場合、クーリングオフや返金システムが整っているでしょう。

 

しかし海外製品にはそれがないので、日本人にとってはとても不安な点といえるのです。

 

また、コットンに液剤を染み込ませてから塗布すると方法は、少々手間に思えます。ロールオンといえば直塗りが基本ですが、成分が濃いので、コットンを介する必要があるのです。

 

それから、アルコールの臭いがきついので使えない…という人も多いとのこと。これは中心となっている塩化アルミニウムという成分が原因です。

 

痒みを感じずに使う方法はないの?

制汗も消臭もバッチリできるのに、痒みが起きてしまうので使えない…というのは非常にもったいないです。

 

もちろん成分や体質の問題もありますが、海外製品であるが故に、きちんとした使用方法を理解していない人が多いのも事実でしょう。

 

そしてそれが、肌トラブルの多さに繋がっているようです。まずは、デトランスαの使い方を把握することが、痒み対策への第一歩です。

 

肌が弱っているときや、刺激の強い脱毛をしたあとは、トラブルが起きやすいとされています。

 

利用は各日1回まで

デトランスαを塗布するのは、お風呂に入ったりシャワーをした後。水気を拭った後、清潔な状態の肌に塗ります。

 

基本はその1回で、塗り直しはNGです。

 

寝る前の綺麗な肌に

起床後や活動時間帯は発汗しやすく、デトランスαを塗っても十分な効果が出ません。できれば就寝前に塗りましょう。

 

直塗りNG

容器はロールオンタイプですが、直塗りはNGです。コットンに液剤を移し、それから塗っていきます。

 

直塗りすると刺激が強すぎるので、コットンで優しくポンポンと塗って、じわじわと馴染ませていくのがいいでしょう。

 

また、コットンに水を吸わせて、その上からデトランスαを重ねると、かなり刺激を抑えることができますよ。

 

つけすぎに注意!

たくさん塗った方が効果がある気がする…そう思ってしまいがちですが、塗りすぎは肌トラブルのもとです。

 

ポンポンと優しく染み込ませ、少しずつ範囲を広げていきます。塗った後は乾燥させることも大事です。

 

使用量が多いと十分乾燥せず、服や肌着に染みてしまうかもしれませんので、気を付けてください。

 

オフも忘れずに

効果が強いということは、それだけ刺激の強い成分ともいえます。寝る前に塗布し、起床後に石けんやソープで洗うという流れを徹底してください。

 

タオルなどで拭くだけでは不十分なので、肌荒れに繋がる可能性があります。少々面倒に思えますが、必ず洗ってくださいね。

 

肌を休ませる期間が必要

2、3日続けて塗っていると、トラブルが発生しやすくなります。

 

3日程度継続していればしっかり効果が出ますし、しばらく効能は続きますので、毎日欠かさず塗る必要はありません。

 

制汗・消臭の効果が出てきたら、一度デトランスαの塗布をやめましょう。効果が弱くなったと感じたら再開するようにすれば、トラブルは起きにくくなりますよ。

 

痒みが出てしまったら洗浄を

用法用量を守っても、痒みが生じる可能性は否定できません。塗布をやめても痒みが続く際には、まずしっかりと患部を洗います。それから速やかに医者にかかってください。

 

 

デトランスαはこんな人にぴったり!

汗っかき&腋臭の人

主成分の【塩化アルミニウム】は、いわゆる多汗症の治療にいいとされています。ですので、汗、特に脇汗が多い人にお勧めできます。

 

汗が減ったら塗布をやめ、また汗や臭いが復活したら塗布。このサイクルを作りましょう。

 

こんな人はデトランスαが向いてない?

肌が弱い、腋臭&全身の体臭が強い人

あくまで汗の多さを抑えるのが目的の製品なので、腋臭を治すことは出来ません。

 

肌が弱い人には成分が強すぎますし、取り分け肌が弱くなくても、全身への利用はNGです。

 

用法用量を破ったり、無理な使い方をして肌に異常が生じても、返金や治療の保証はありません。使用には細心の注意を払ってください。

 

 

デトランスaを購入する方法は?

デトランスαはドラッグストアなどで扱われておらず、輸入代行会社【youup】のサイトで買うことになります。

 

製品にはパースピレックスと記載されていますが「デトランスα」は日本用の製品名であり、本来はパースピレックスが正しいです。偽物などではないのでご安心ください。

 

初めて買うときには4割引きが受けられ、金額は2900円。2度目の注文からは定価の4800円になります。

 

アマゾンや楽天市場といった他のサイトでデトランスαを探してみると、名前の近い類似製品がヒットします。

 

しかし大抵の場合、効果も内容量もデトランスαに劣りますので、金額の安さに騙されないようにしてください。

 

購入に関しておすすめなのはyouupですが、あくまで輸入代行社なので、クレームや返金の要求はできません。

 

買う際は単品での注文のみになります。しかも本国でも限定で販売されている製品なので、そちらで在庫がなくなれば、当然日本でも買えなくなるのです。

 

興味がある方は、販売中、または再販売の機会を逃さずに購入してくださいね。

 

>> デトランスαの公式販売サイトはこちら